保険歯科治療のリスク
安全性の高い、白いセラミック素材 セレックシステム
無料メール相談 インターネット予約 スタッフ募集

保険の金属を使った虫歯治療のリスク

保険診療で定められた金属なら安心だと思っていませんか?保険の金属を使った虫歯治療のリスク

虫歯の治療をした後のつめ物・かぶせもの・入れ歯などには、想像以上に様々な金属が使用されています。ほとんどの方は
「歯医者さんが患者の体に悪いものを使うはずがない」
「国が身体に害のあるものを認可するはずがない」
と考え、今まで歯科医院で治療を受けてこられたことと思います。

あなたの体調不良、保険の歯科金属が原因かもしれません。

以前、皮膚科のお医者さんからこのような電話をもらいました。「金属アレルギーの患者さんがいるので、口の中に入っている金属を外してあげてほしい。」という依頼でした。「口の中の金属?」と思われるかもしれませんが、虫歯治療をしたときの、銀色のつめ物やかぶせ物のことです。その患者さんに入っていた保険金属を外したところ、金属アレルギーによる手足のブツブツやかゆみがなくなり血圧まで下がってとても喜ばれました。

あなたの体調不良、保険の歯科金属が原因かもしれません。保険のつめ物・かぶせもの・入れ歯などには、想像以上に様々な金属が使用されています。ほとんどの日本人は、「歯医者さんが患者の体に悪いものを使うはずがない」「国が身体に害のあるものを認可するはずがない」と思っています。ところが、最近、保険の歯科金属には、人体に有害な物質を含むものがあることが明らかになってきました。